『ルロ通信』

スマートフォンの話題を中心に書いています。主にiPhone 6 / iPad Retina を使っています。Twitterでは ruro2010 です。よろしかったらつぶやきかけてくださいね♪


神の雫 コンタ・ド・アサ

最近『神の雫』にハマりつつある。

テレビドラマが始まる前から、ちょっと気にはなっていたが、

ドラマを観るようになってから、完全にはまった^^;

まず、コミックを楽天ブックスで注文してしまいました。


神の雫 1~19巻セット 価格 9,992円 (税込 10,492 円) 送料無料
日本テレビ系列でドラマ化決定!(出演:亀梨和也、田辺誠一、仲里依紗ほか)
【あらすじ】
世界の市場価値を左右するワイン評論家・神咲豊多香がこの世を去り、時価20億円を超えるワインコレクションが遺された。その遺産を継ぐためには、豊多香が選んだ12本のワイン『使徒』と、その頂点に立つ最上の一本『神の雫』の銘柄、および生産年を言い当てなければならない。後継者候補となったのは実子・雫と、養子である一青。この二人の息子が、険しき『使徒』対決へと挑む!



そして、神の雫に登場したワインを一本ずつ注文して味わってみようと思い立ちました。

まぁ、買うペースは不定期ですけどね。

一本飲んだら、注文するって感じです。


最初に注文したのはこちら>>>

コンダド・ド・アサ・クリアンサ[2005](赤ワイン) 価格 2,780円 (税込2,919円)

漫画『神の雫』コラム第14回より抜粋
コンタ・ド・アサ2004年の魅力
試飲してみたが、これが『コンダード・デ・アサ』のベースラインだってぇ?…ってカンジ。
ボルドー・ワインのように濃く、全く向こうが見えねぇよ。ワインに含まれるグリセリンの量も半端じゃなくてグラスを回すとワインの涙(液体の粘性が高く、グラスの壁に涙が流れるように見えること)が、ハッキリみえるぞぉ。
しかも、ブラック・ベリーやテンプラニーリョの特徴的な香りである桑の実、ヘーゼルナッツ、それにアメリカンオークを用いた熟成で甘やかなニュアンスのミルクチョコ、コーヒーのニュアンスが素晴らしい。
う~ん、ヴィノ・マグニフィコ!(今日はスペイン語で、素晴らしいワイン、の意)
口に含むと果実の旨みがはじけるまさに果実爆弾じゃぁ~。
テンプラニーリョのワインには独特のローストしたナッツの味わいがあり、ドングリを食べさせて育成した最高ランクのイベリコ豚(べジョータ)との相性抜群だぁ!
イベリコは高いから給料日後にやってみよ~。


神の雫に登場したのはコンタ・ド・アサ2004年ですが、

もう販売していなかったので2005年にしました。

届くのが楽しみです^^

category: お気に入りアイテム

thread: ワイン

janre: グルメ

tag: 神の雫 亀梨和也 田辺誠一 仲里依紗 ワイン 神の雫1~19巻セット コンダド・ド・アサ・クリアンサ 赤ワイン 楽天 話題のワイン

[edit]

page top

« ロストオンライン お年玉イベント  |  万年筆で文章を書くということ 2 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ruro337.blog95.fc2.com/tb.php/62-3c706230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top