『ルロ通信』

スマートフォンの話題を中心に書いています。主にiPhone 6 / iPad Retina を使っています。Twitterでは ruro2010 です。よろしかったらつぶやきかけてくださいね♪


次期 iPod Touch は7inch 有機ELディスプレイ搭載 重さは200g台 背面とフロントにカメラ搭載 iPhone と iPad の隙間を埋める製品!? #iphone #ipad #ipodtouch

みなさん、こんにちは。Ruroです♪

タイトルに書いたのは、いろいろな情報を私なりに分析して導き出した私の推測です!

というか、そう言う噂もすでに流れていたような気もしますね。

発売時期は年内!iPhone 4 の電波問題で痛い目にあったり、iPadについても、ブームに乗って買いはしたもののもてあましている人も相当数いるといったネットニュース記事もあったりしていますので、appleさんも、かなり慎重になっているのではないでしょうか。

iPhone 4 の白の発売が遅れているのも、今度こそと万全を期していることと思います。

ですから、iPhone 4 の白は買いだと思いますよ!これこそ、真の iPhone 4 と言うものを出してくるものと予想しています。

もちろん、外観やスペックは変わらないでしょうけどね。


さて、iPod touch については、今までのiPhoneから電話機能その他を除いたような位置づけから、iPhoneよりも画面が大きく、かといって、寝転がって電子書籍などをみるには重すぎるiPadよりは軽く、そして、iPadにはないカメラも付けて・・、なおかつ、洗練されたデザインと軽さとスマートフォンよりは広いディスプレイを売りにしてくるような気がします。

また、音のクオリティについても、内蔵のスピーカーとは思えないような高音質技術を搭載してくると思われます。


元々、今年の秋に発売を目指していたのでしょうが、発売後に不具合があったりしてイメージダウンすることを嫌い、十分に練って、年末商戦に間に合わせてくると、私は観ています。


実際にどのようなものが出てくるか楽しみですね。


 スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン 人々を惹きつける18の法則

■スティーブ・ジョブズのプレゼンの魅力を解き明かす!~アップルCEOのスティーブ・ジョブズのプレゼンテーションは、なぜあれほど人々を魅了し、熱狂させるのか―。本書は、iPhone発表時などスティーブ・ジョブズの伝説のプレゼンを紹介しながら、その秘密を詳しく解説していきます。専門用語を使わない、ツイッターのように短い一文で製品やサービスを表わす、ポイントを3つにする、ヒーローと敵役を登場させる、ひたすら練習を積むなど、スティーブ・ジョブズのプレゼンの法則を解き明かします。

■スティーブ・ジョブズの名文句やスライドの数々を紹介!~本書では、プレゼンテーションでスティーブ・ジョブズが繰り出した名文句や魅力的なスライド、演出の数々を紹介しています。シンプルでわかりやすく、人の心をつかむスライドや言葉を一部は英語も交えて紹介しています。巻末には、本書に登場するスティーブ・ジョブズのプレゼン動画を見られるURLのリストを掲載しています。ぜひ、動画も合わせてご覧ください[名文句の例]「今日、アップルは電話を再発明する」「iPodはガムより小さくて軽いんだ」「iPhone 3G。速度は2倍、価格は半分」「マイクロソフトが抱えている問題はただひとつ。美的感覚がないことだ。足りないんじゃない。ないんだ」「今までに売れたiPhoneは400万台。うれしいねえ。1日平均2万台のiPhoneが売れたことになる」

■人々を惹きつけるプレゼン 18の法則~構想はアナログでまとめる/一番大事な問いに答える/救世主的な目的意識を持つ/ツイッターのようなヘッドラインを作る/ロードマップを描く/敵役を導入する/正義の味方を登場させる/禅の心で伝える/数字をドレスアップする/「びっくりするほどキレがいい」言葉を使う/ステージを共有する/小道具を上手に使う/「うっそー!」な瞬間を演出する/存在感の出し方を身につける/簡単そうに見せる/目的に合った服装をする台本を捨てる/楽しむ

category: スマートフォン

thread: スマートフォン

janre: 携帯電話・PHS

tag: iPhone 4 iPad iPod Touch apple スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン 人々を惹きつける18の法則 スティーブ・ジョブズ

[edit]

page top

« auのIS01でYou Tube動画ダウンローダーの Free Tube を使ってみた。 #au #is01 #freetube #youtube #movie #android  |  07/29のツイートまとめ »

コメント

こんにちは
iPhone 4が欲しかったのは内緒です(笑) 電波問題に他者を巻き込むのは問題ですが、純粋な端末としては魅力的ですよね。「ソフトバンクじゃなければ…」って奴です。私はAdvanced/W-ZERO3[es]を使用してますが、グッと来るのはBlackBerry Bold9700です。auなら買ってます。秋に出るAndroid端末が早く欲しいですね~。Googleサービスに依存してるので、やはりAndroidが欲しいです。
ゲゲゲの女房ですが、いつも録り貯めて視ているので、ルロさんの最新日記は未読です(笑) ゲゲゲを視ていると自分の環境が如何に恵まれているかと感じます。そしてもっと頑張らないとねえ~って。

たいち #- | URL | 2010/07/30 13:45 | edit

Re: タイトルなし

こんにちは、たいちさん、いつも私のブログを読んでいただきありがとうございます^^
確かに iPhone 4 はとても魅力的な端末ですが、私もソフトバンクであると言うことで、結局購入しませんでした。auから出てたら間違いなく買います^^

Advanced/W-ZERO3[es]も良い端末ですよね♪BlackBerry Bold9700には私もかなり引かれました。これも、auから出てたら買っていたかも。

そして、最終的にIS01にしたのは、発売前にかなりしっかりと試用する機会があり、使っているうちに「これいいねー♪楽しい^^」と感じて、発売後すぐに購入しました。

auの秋モデルのアンドロイドはきっとすごいのが出ますよ!そんな気がしています。

それと、私は7インチ程度で重さ200g台のアンドロイドタブレットPCがほしいですね。自宅で利用するなら、そのスペックですね!

ゲゲゲの女房は、本当にぐぐっとくるドラマですね。

私は大学を出てから無難に就職してしまいましたが、水木先生のような成功を得るためには、結局失敗するリスクもあるなか、下積みの極貧生活に耐えて耐えて機会を待つ、ハイリスクハイリターンな生き方になる気がします。
そして、おっしゃる通り、私の生活も恵まれていると思います。そして、感情移入しちゃうストーリですね。。

ところで、「たいち」って言うのは、ゲゲゲの女房に出てくる「たいちくん」に由来するのですか?

では、よろしかったら、また、私のつたない記事を読みに来てくださいね^^

ルロ #- | URL | 2010/07/30 16:57 | edit

何度もコメントしてスイマセン。

身近にはあまり携帯ネタが話せる人が居ないので、ついつい。合わせてゲゲゲネタも有るのは今の私にちょうどツボです(笑)

ゴメンナサイ、「たいち」と言うのは、そっちの内気な詩人の少年ではなく、私の4歳の息子の名前ですe-441 こっちのたいちはやんちゃ坊主です。

IS01が発表時は、過大な期待を持って待機していたので、『そっちか~!!!!』とガックリした覚えがあります。ネットの意見も散々でしたが発売されてびっくりの高評価で見方が変わりました。残念ながら自分の用途にはミスマッチと思ったので購入には至りませんが、これだけ評価が高いと秋の端末は凄いことになるはずですよね…(笑)

7インチタブレットもサイズ的に手頃でしょうね~。ipadをお店で手にとってみたら「重!!」でした。手軽なタブレットもこれから期待ですね。

水木しげる先生の根底に死の淵からの生還と言う大きなモノがあるので、それに比べれば「なんとかなる」って事なんですよね。超貧乏なのに連合艦隊には本当にびっくりしましたが、なるほどなーって感心してしまいました。
ゲゲゲの女房はいろんな世代の人に見てもらいたいドラマですね。
長くなってすいません。

たいち #- | URL | 2010/07/31 13:33 | edit

いつもコメントをありがとうございます。

いつも私のつたない記事を読んでいただきありがとうございます。

たいち・・・ご子息のお名前でしたか^^4歳、かわいい盛りでしょうね♪
勝手に思い込んでいて申し訳なかったです。

スマートフォン関係の話題ですが、実は私も身近には、それをネタに会話が盛り上がるような人はいません。

IS01は、私も実際に実物に触れるまでは、何これ??

こんなもの誰が買うの???って、思っていました。実際実機に触れるような状況になってからのことはご存知の通り、大人気ですね♪秋モデルのIS03も期待を裏切らない製品になると確信しています!

パット型については、これからどんどん魅力的な製品が出るでしょうね!auもきっとすごいことをやってくれると期待しています。

記事にも書いたとおり、7インチ辺りが程良いサイズではないかと思っています。

水木しげる先生のことはこれからも記事にしていこうと思いますが、過去に放送された番組で「鬼太郎の見た玉砕」と言うのがあります。

ラバウルで玉砕命令が出て、総員決死の突撃をしたはずが生き残り、見方基地に逃げ込むと、「玉砕して、見事に散った勇敢な兵士たち」として、全部隊に通知して士気を高めたのに生きていてもらっては困ると、自決させられたり、改めて突撃して玉砕して来いと言う命令が下り、尊い命が失われたと言うようなドラマでした。

これについては近々このブログの記事としてもっと詳しく語りたいと思っています。

フィクションと言うことでしたが、似たような経験をされたのではないでしょうか。

私の様な戦後世代には想像することさえない地獄をみて来られたものと思います。

おっしゃるようにそんな経験をなさった水木先生の「なんとかなる」ですから、本当に何とかなると奥さんにも思わせたのでしょうね。

いろんな思いに突き動かされ、魂から絞り出されたような戦記漫画にも、読者をひきつけるものがあるのではと思います。

では、また、コメントお待ちしております。

ルロ #- | URL | 2010/07/31 17:40 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ruro337.blog95.fc2.com/tb.php/378-b21757d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

水洗い可能なシリコン製のキーボード。折り...

シリコンキーボード(防水・水洗い可能・ブラック・ホワイト)【WEB限定商品】価格1,980円(税込)送料無料特長●シリコン製のキーボードで水洗いが可能です。●簡単に水洗いができるの...

楽天売れ筋情報局 | 2010/07/30 12:57
page top