『ルロ通信』

スマートフォンの話題を中心に書いています。主にiPhone 6 / iPad Retina を使っています。Twitterでは ruro2010 です。よろしかったらつぶやきかけてくださいね♪


映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」・・感動しました。 #Railways

本当に良い映画でした。感動しました。映画を観ながら涙しました。自分の人生と重なり合いました。

最近観た映画で最高の映画でした。

役者さんも良かった。それぞれの役者さんの演技が、本当によく重なり合いながら、美しい音楽を奏でていました。

映像も美しかった。人々も美しかった。音楽も、すべてが美しかった。

人間の幸せって、何なんだろう・・・って、思ってたけど、その答えを見つけられた気がします。

一般的な世間の常識からすれば、大企業の取締役になろうかと言う人が、いなかのつぶれそうな鉄道会社の運転手になるなんて、馬鹿げてるって思われますよね。

でも、夢を実現することは尊いことです。素晴らしいことです。

野球のエースがひじを痛めてプロ入りの夢を断たれ、挫折して運転手になった。

自分の高校生時代のことを思い出しました。

いつかきっとオリンピックに出るんだって、毎日毎日走った。。ひたすら走った。

いつかマラソンの選手として、オリンピックに出ることを夢見て、晴れの日も雨の日も走り続けた青春。

記録もぐんぐん伸びた、この調子なら、俺ほんとうにオリンピックに出れるかもとひたすら走り続けた。

だけど、高校3年生の春。。。膝を壊した。最初は何か違和感を感じただけだった。

すぐに治ると思って、いたいのを我慢して走り続けた。

だけど、膝がはれ上がり、普通に歩くのも辛くなってきた。。

走れなくなった。。。俺、走れなくなった。

目標を失い挫折した。


やがて、立ち直り別の道で生きて行こうと、勉強に打ち込んだ。

毎日走ることしか能のない生活をしていて、成績も芳しくなかったが、走れなくなってから、今度はひたすら勉強した。

成績は飛躍的に伸びた。


子供の時からやって武道を膝が治ってから、再開した。

就職したその年に、その練習中に腰椎を骨折した。今度こそ終わったと思った

もう2度と歩けないかもと、医者に言われ、自殺をしようと思ったこともあった。

でも生きていてよかった。人生ってまた輝けるんだな。。


走ることとは縁のない仕事に就いた。仕事は楽しく充実していた。だけど、誰にも自分がかつて走ることで世界を目指していたことなんて話したことはない。

話したくなかった。過去のことだ、昔のことだ。そんなこともあったなって話だ。


今年度から、陸上部のコーチをしてる。本業はではない。ボランティアみたいなものだな。

夕方、早めに仕事を切り上げ、ジャージに着替えて出かける、戻ってまた仕事をする。

土曜も日曜も行ってる。その分仕事が遅れるので、夜もいつも仕事をしている。


陸上部の生徒たちには、自分がかつてオリンピックを目指して毎日走り続けていたことは話していない。

将来のある若者が、故障で挫折して走れなくならないように、自分の経験を生かし指導している。


今日Railwaysを観て、いつか、自分の学生時代の夢を話せる日が来るかもしれないと思った。

「俺はオリンピックに出ることを夢見て、毎日走ってたんだよ」って、サラっと言える日が来るかもしれない。

そう思った。  まだ言えないけどね。


今は、仕事とコーチですごく忙しい。だけど、毎日がすごく充実していて楽しい。

また、陸上競技にかかわれることがすごくうれしい。若者が成長していく姿を近くで見守れることがとてもうれしい。


今日の映画を観ながら、こんなことを思っていました。

この映画にかかわられた皆さん、錦織監督、本当にありがとう。

category: 映画のはなし

thread: 映画館で観た映画

janre: 映画

tag: RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 映画 人生 陸上競技

[edit]

page top

« 06/12のツイートまとめ  |  生キャラメルアイスクリーム »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ruro337.blog95.fc2.com/tb.php/278-9bfdd7cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遂に解禁を迎えた最北の味♪昨年4万6千人を...

通常価格 5,670円(税込)限定特価 3,333円(税込)送料無料【送料無料】楽天最安値に挑戦!「礼文・利尻島産無添加塩水生うに200g」最北の新鮮キタムラサキウニを産地直送産地:北海道礼文...

楽天売れ筋情報局 | 2010/06/12 21:42
page top