『ルロ通信』

スマートフォンの話題を中心に書いています。主にiPhone 6 / iPad Retina を使っています。Twitterでは ruro2010 です。よろしかったらつぶやきかけてくださいね♪


ジャック・アタリ 緊急インタビュー

昨日から、NHKで午前中に放送されている番組で、

フランスミッテラン政権において大統領特別補佐官を務めたジャック・アタリ氏の話を聞いていますが、

今迄にこれほど納得できる世界経済についてのお話はありませんでした。

今後の世界についての話にしてもとても参考になりました。

NHKはもっとこのような番組を増やすべきですね。

マイクロファイナンスの考え方にも感銘を受けました。

博愛の精神がキーワードであるという点も、実に新鮮に響きました。

私たちは目先の利益だけにとらわれすぎたのではないでしょうか。


ジャック・アタリ氏の著書を紹介します。

反グローバリズム―新しいユートピアとしての博愛反グローバリズム―新しいユートピアとしての博愛
(2001/12)
ジャック アタリ

商品詳細を見る


21世紀の歴史  楽天ブックス
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
2050年、そして2100年、世界の“中心都市”はどこか?国家、資本主義、宗教、民主主義は、どうなっているのか?「ヨーロッパ復興開発銀行」初代総裁にして経済学者・思想家・作家であり、“ヨーロッパ最高の知性”と称されるジャック・アタリ。これまでも、ソ連崩壊、金融バブル、新たなテロの脅威、インターネットによる世界変化を予測し、見事に的中させてきた。本書は、アタリが、長年の政界・経済界での実績、研究と思索の集大成として「21世紀の歴史」を大胆に見通し、ヨーロッパで大ベストセラーとなったものである。サルコジ仏大統領は、本書に感銘を受け、“21世紀フランス”変革のための仏大統領諮問委員会「アタリ政策委員会」を設置した。
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
アタリ,ジャック(Attali,Jacques)
1943年、アルジェリア生まれのフランス人。仏国立行政学院(ENA)卒。1981~1990年、ミッテラン政権において大統領特別補佐官を務める。1991~1993年、「ヨーロッパ復興開発銀行」の初代総裁となる。1998年にはNGO「プラネット・ファイナンス」を創設し、現在も途上国支援に尽力している。2007年にはサルコジ大統領の命によって発足した「アタリ政策委員会」の委員長を務め、フランス政府に対して、21世紀に向けてフランスを変革するための政策提言をしている。政治・経済界で重責を担う一方で、経済学者・思想家・作家としても幅広く活躍し、まさにフランスを代表する知性というべき存在となっている
詳細はこちら>>>21世紀の歴史

category: このごろ思うこと

thread: 政治・経済・時事問題

janre: 政治・経済

tag: ジャック・アタリ 経済危機 予言 マイクロファイナンス 博愛 反グローバリズム 21世紀の歴史 新しいユートピアとしての博愛 NHK インタビュー

[edit]

page top

« 久しぶりにロストオンラインにインしました。  |  新型インフルエンザ対策に読んでおきたい本 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ruro337.blog95.fc2.com/tb.php/115-e6cf0189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヘアメディカル薬用スカルプD スカルプパックコンディショナー

ヘアメディカル薬用スカルプD スカルプパックコンディショナー価格4,800円(税込)「FUJIWARA」原西さんも愛用のスカルプD■国内初!新発想の頭皮ケア。■スカルプパック機能をもった薬用コンディショナー■弱酸性・合成着色料フリー・香料フリー頭皮を健康にするためにパ...

楽天売れ筋情報局 | 2009/05/05 13:04
page top