『ルロ通信』

スマートフォンの話題を中心に書いています。主にiPhone 6 / iPad Retina を使っています。Twitterでは ruro2010 です。よろしかったらつぶやきかけてくださいね♪


時代遅れの成果主義型ver.2.0は創造性を破壊する。21世紀版『人を動かす』モチベーション3.0はワクワクする自発的な動機づけ。

コンピューター同様、社会にも人を動かすための基本ソフト(OS)がある。 by ダニエル・ピンク


今日は、『ハイ・コンセプト』のダニエル・ピンク最新刊に絡めての話である。

その新刊とはこちら。

  モチベーション3.0

人間社会にも、コンピュータ同様にOS、詰まりオペレーションシステムがあって、

それは、次のようになっていると言うことである。

〈モチベーション1・0〉…生存(サバイバル)を目的としていた人類最初のOS 。
〈モチベーション2・0〉…アメとムチ=信賞必罰に基づく与えられた動機づけによるOS。ルーチンワーク中心の時代には有効だったが、21世紀を迎えて機能不全に陥る。
〈モチベーション3・0〉…自分の内面から湧き出る「やる気!=ドライブ!」に基づくOS。活気ある社会や組織をつくるための新しい「やる気!」の基本形。

この考え方はピンとこないのだが、時代遅れの成果主義型ver.2.0には、共感できる。

成果主義と言うのは、合理的に思えるが、矛盾がいっぱいある。

もっとも大きいのは、働いている人が幸せじゃないと言うことだ。

仕事によっては、その成果がすぐには現われなかったり、

成果を判断する人間が無能で、彼には気付かない成果が上がりつつあることに気づかず、

安直に、判断し、その人に見える範囲の成果で、処遇を変えられことも多々あるように見受ける。


この本の著者が、この世の中をコンピュータのOSに例えたことには抵抗があるが、

言わんとしていることにはとても共感できた。



category: このごろ思うこと

thread: 生き方

janre: ライフ

tag: ダニエル・ピンク 時代遅れの成果主義 内発的動機づけ 動機づけ 自発的動機づけ 活気のある職場 生き方 オペレーションシステム

[edit]

page top