『ルロ通信』

スマートフォンの話題を中心に書いています。主にiPhone 6 / iPad Retina を使っています。Twitterでは ruro2010 です。よろしかったらつぶやきかけてくださいね♪


裁判員制度には課題が多い?

【神隠し公判】裁判員制度を意識し判例提示 死刑選択はあるか? 産経ニュース 2009.1.26 23:37

裁判員制度を意識した裁判ということで、

大型ディスプレーに被害者の肉片、骨片や、遺体解体の再現映像を流したりするなどの、

今までの法廷とは異なる手法が取られたのだが、

裁判員に選ばれたら、当然そのような生々しい映像を見なければならないのですよね。

【神隠し殺人初公判】視覚化な工夫も 目背ける「生々しい映像」 産経ニュース 2009.1.13 22:19

星島貴徳被告の人格が破壊されるからと中止された頭部の解体再現映像。

このニュースに文章で頭部解体の様子も書かれていますが、

【神隠し殺人】ノコギリ使い解体…「小分けにしてトイレやゴミ置き場に」検察側冒陳(2) 産経ニュース 2009.1.13 12:58

私はこの記事を読んでいて、途中で読み続けられなくなりました。

これを再現映像で見せられたら裁判員の人格も破壊されるのでしょうか。



カウントダウン裁判員制度:施行まで113日 「セカンドレイプ」心配 毎日新聞 2009年1月28日 東京夕刊

確かにこのような懸念はあるだろうと思います。

一般人の裁判員の前で、どのようにレイプされたかを

星島貴徳被告の裁判のように、再現映像を流されたりしたら

被害者や被害者家族、遺族の人格が破壊される耐え難い事態に思えます。



解説:死刑選択、裁判員に重く 心のケア充実、課題--毎日新聞世論調査 毎日新聞 2009年1月28日 東京朝刊

重大な罪を犯した人間とはいえ、われわれ一般人が

一人の人間の生死を決めるのは責任が重過ぎます。



◎裁判員制度、大丈夫? 金沢弁護士会、対象事件の登録3割 負担大きく敬遠北國新聞ホームページ 石川のニュース 【1月29日03時20分更新】

弁護士さんも敬遠してるんですね。




裁判員制度の正体  価格 720円 (税込 756 円)
2009年5月までに始まるとされている裁判員制度。まともな議論もなされず、数々の危険をはらむ制度が強行される理由は何もない。本書では、恐怖の悪法を徹底解剖。長く判事を務めた著者が警鐘を鳴らす。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
元判事の大学教授が「赤紙」から逃れる方法を伝授。恐怖の悪法を徹底解剖。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 裁判員制度とはどのようなものか/第2章 裁判員制度はどのようにしてできたのか/第3章 無用な制度―誰も求めていないのに/第4章 違法な制度―憲法軽視の恐怖/第5章 粗雑な制度―粗雑司法の発想/第6章 不安な制度―真相究明は不可能に/第7章 過酷な制度―犯罪被害者へのダブルパンチ/第8章 迷惑な制度―裁判員になるとこんな目に遭う!/第9章 この「現代の赤紙」から逃れるには―国民の立場から/終章 いま、本当に考えるべきこと
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
西野喜一(ニシノキイチ)
1949年福井市生まれ。東京大学法学部卒業、ミシガン大学ロースクール修士課程修了。博士(法学)(名古屋大学)。東京地方裁判所判事補、新潟地方裁判所判事などを経て、新潟大学大学院実務法学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

楽天ブックス

category: このごろ思うこと

thread: 旬のニュース

janre: ニュース

tag: 星島貴徳 神隠し殺人 レイプ セカンドレイプ 裁判員制度 星島被告 再現映像 裁判員制度の正体 西野喜一 裁判員

[edit]

page top

今朝のニュースチェック 悲惨なニュースが多い・・・

冷蔵庫空っぽ・所持金90円…大阪で元契約社員が孤独死 (読売新聞)[ 2009年1月25日18時30分 ]

昨日のニュースのようですが、今朝読みました。

なんとも、つらい話です。

一人孤独に餓死・・・・・・・

死後約一ヶ月と言うことですので、昨年中に亡くなったのでしょうか

早く景気がなんとかならないと、今後もこのようなことが続きそうでいやになります。



京品ホテル:従業員立ち入り禁止の強制執行 東京・品川 毎日jp 2009年1月25日 20時41分 更新:1月25日 21時20

法的には違法な自主営業なのだろうが、

元従業員の方々の心情を慮ると、なんともつらいニュースだ

よろしかったらこちらの映像もどうぞ

京品ホテル強制執行・映像 TV JAN 2009/01/26



【神隠し殺人】きょう第6回公判、検察が求刑、極刑求めるか? 産経ニュース 2009.1.26 08:02

「矯正の余地ない」星島被告に死刑求刑…江東区の女性殺害 (2009年1月26日11時53分 読売新聞)

星島貴徳被告(34)・・およそこれ以上残忍で卑劣な犯罪はないのではないでしょうか

無残に殺害された東城瑠理香さんの魂に救いは訪れるのでしょうか。

この悪魔には極刑以外に思い当たる刑がありません。


そういえば、自分がやったのではなく悪魔にやらされたと言って

罪を免れようとした卑劣な犯罪者もいましたね。。。



明るいニュースはないのか・・・・

中小企業の力、商売に道筋を…まいど1号 (2009年1月24日 読売新聞)

東北大衛星/ものづくりの夢乗せて  河北新報社 2009年01月25日日曜日

最近の明るいニュースと言えばこのくらいしか思い当たらない

中小企業や学生のパワーに期待したい。

category: このごろ思うこと

thread: 気になったニュース

janre: ニュース

tag: 星島貴徳 神隠し殺人 元契約社員が孤独死 契約社員 非正規雇用 孤独死 餓死 まいど1号 中小企業 ニュース

[edit]

page top

星島貴徳被告続報

検察、状況の再現取りやめ 江東・女性殺害事件 asahi.com 2009年1月19日20時43分

先日から、被害者の遺体をどのように切断していったかを

再現映像や質問を通して法廷で再現されてきたが、

頭部の解体に関する供述では、再現映像やイラストによる再現を取りやめたとのことである。

弁護人が「被告の人格を破壊する」と異議を申し立てたためのようであるが、

私はむしろ遺族の方々の心情を慮ると、とても辛くなる。

ひどい事件である。


「死刑になっておわび」 江東の女性殺害公判で被告が謝罪 NIKKEI NET 2009/01/20

星島貴徳被告(34)は

「死刑になって地獄でおわびするつもり。謝っても何もならないが本当にすみません」

と遺族に謝罪したとのことであるが、被害者は2度と生き返ることはない。


この事件を通して思うことだが、

なぜこのような残忍な行動ができてしまうのであろう。

星島貴徳被告には、人として、人間としての心が存在しないのであろうか。


星島被告、遺体切断を「ぜいたくな暮らし失いたくなかった」 (2009年1月15日01時58分 読売新聞)

事件当時派遣社員だった星島貴徳被告(34)は

「犯行当時、月収が50万円あり、連日のようにタクシーで通勤して、優越感を感じていた。逮捕されて、ぜいたくな暮らしを失いたくなかった」

と述べたとのことであるが、私には理解できない。

そして、派遣社員で月収50万円と言うのにも驚いた。


 凶悪犯罪の歴史 価格 524円 (税込 550 円)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
いつでも、誰でも、巻き込まれる。おぞましく、おそろしい、凶悪犯罪。凶悪犯罪者予備軍はあなたのまわりにいる。  著者: 柳下毅一郎 発行年月:2009年01月
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本の凶悪犯罪/第2章 猟奇殺人鬼/第3章 食人鬼/第4章 セックス殺人鬼/第5章 大量殺人鬼/第6章 未成年殺人鬼
[PR] 楽天ブックスは品揃え200万点以上!

category: このごろ思うこと

thread: 気になるニュース

janre: ニュース

tag: 星島貴徳被告 星島貴徳 殺人事件 再現映像 公判 裁判 神隠し殺人 遺体損壊 凶悪犯罪 ニュース

[edit]

page top

裁判員制度 あなたは遺体切断の再現映像を直視できますか?

遺体切断、法廷で検察再現 3時間半、号泣の遺族退廷 (asahi.com 2009/1/15)

東京都江東区のマンションで昨年4月、会社員女性(当時23)を殺害したとして殺人などの罪に問われた星島貴徳被告(34)の集中審理(14日)で、検察側の被告人質問で、遺体がバラバラにされる様子を再現した生々し画像が法廷で映し出さたようです。

その再現映像を見ていた遺族の女性が、マネキンの右足の赤黒い切断面がディスプレーに映し出された瞬間、悲鳴をあげて号泣されたそうです。

まもなく始まる裁判員制度では、このような映像を観なければならないのです。

遺族ならずとも、そのような残忍な狂気の行いを詳細までじっと観続けることができるでしょうか。

裁判員に選ばれれば、それをきちんと観る義務が生じるのです。

裁判員が参加する法廷は、殺人などの凶悪犯罪です。

泣き叫ぶ被害者を、どのように暴行し、殺害したかをしっかりと見聞きしなければなりません。

私には耐えられない。。。。しかし、そういう理由で拒否する権利、自由は私たちにはないのです。


私は、以前webでいろいろリンクをたどっているうちに、

殺害され、身体の一部を犯人によって食べられた若い女性の写真を見てしまったことがあります。

再現映像でも、イラストでもありません。

残忍な犯人によって食べ残された遺体の写真です。

見てしまったことを、とても後悔しています。

ちなみに、このおぞましい犯罪を犯した男性は日本人で、

フランスで罪を犯し、国外追放と言うことで日本に帰国し、

今も、作家として活動しています。

日本人がフランスで罪もない女性を殺して食べ、

国外追放で日本に帰国。日本でも裁かれず、今も普通に生きているのです。


 裁判員がこの国のかたちを変える 価格 1,600円 (税込 1,680 円)

2009年5月22日から施行される裁判員制度。
日本の刑事裁判、ひいては日本の民主主義を大きく変えるであろう裁判員制度の本質を、現役で早稲田大学の教鞭を取る、地検経験者の弁護士・渡部喬一氏が分かりやすく解説。さらに、今後の裁判員制度の行方についても考察していく。巻末資料として、裁判員のための法廷用語集、「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」(条文)を収録。
著者: 渡部喬一法律事務所

category: このごろ思うこと

thread: 気になるニュース

janre: ニュース

tag: 裁判員制度 殺人 星島貴徳被告 星島貴徳 被告 遺体切断 遺体 切断 再現映像 遺族

[edit]

page top